クレアギニンEXは尿の悩みに効果的だと聞いた!

日々の食事で得たたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓中で分解されて、無駄な老廃物は尿を出す際に共に排出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適切な量は摂取する必要があります。腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、体内のクレアギニンEXを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へのクレアギニンEX摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、これまで摂っていたクレアギニンEXの量を減らす必要が出てきます。一般的なクレアギニンEXは、材料を濃縮し加工しているため、生野菜や素のままの果物にくらべて大概はクレアギニンEX含有量が非常に高いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、クレアギニンEXを常時摂取している場合には高クレアギニンEX血症を呈する危険性が多くなります。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、前向きにこれらの管理をおこなうことでCKDの悪化を抑制できます。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、クレアギニンEXは高血圧において治療をしやすくし、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、いわゆる蛋白制限食は不味い、カロリー摂取が満たされないなどで、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の悪化を食い止める事と、良好な体調の存続です。透析が必要無い保存期の間は、食事療法を試みる事で腎不全が進行しないようにできますし、透析導入を遅らせることができます。この他、透析を要する状況となっても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は大きな意味を持ちます。一日の食事の種類や量についてや、どみたいにして献立を考えたらよいか、それぞれに相応しいクレアギニンEXの減らし方などを教えます。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質やクレアギニンEXを摂っているのかを調べます。一日における排泄物を検査し計算をします。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、体内へのたんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を理解することができます。クレアギニンEXは水に流出しやすいので野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事で無くせるクレアギニンEXの値は、使用する食品の種類や調理の際の形状・水量・所要時間により相違します。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、しっかりと搾る事で効果は高まります。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表で調べてみると良いでしょう。栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する色々な工夫についてしることができます。開業医さんで食事指導がむずかしい場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、専門的意見を頂くこともよいと思います。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に居座りつづけることはありませんが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、少なからず腎臓に負担が出ます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で言えば30~40gに相当します。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿をつくり体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、たいへん重要なはたらきを私たちの体の中で行っています。腎臓の治療はもちろん病院にきて相応の対処も必要ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大事です。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎてしまう食品でもある為気をつけてください。甘いものには意外にたんぱく質が多く入っているのです。お菓子は製造過程で小豆や牛乳(最近では、給食のメニューに含まれていない学校もあるのだとか)・卵が使用されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個程のたんぱく質が入っています。