脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきます

クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に達してろ過された後尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が落ちてくると、クレアチニンの量も減少します。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニンの度量が多くなるため、普段よりクレアチニンの値は減少します。腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病を極力進行させない事と、健康体のキープとされます。人工透析が重要無い保存期の間は、食事療法を手掛ける事で腎不全が進行しないようにできますし、結果として人工透析の導入時期を遅らせられます。また、人工透析導入後も、体調を維持しながら人工透析に当たるために、食事療法は重要視されます。日々の食事で得立たんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。正常な腎機能であるために、たんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)の摂取量には気を配る重要があるのです。けれど、たんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適量は摂り入れるようにして下さい。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)を摂取してしまいますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもある為気をつけるようにして下さい。甘い食べ物に関しても案外多くのたんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)が入っていたりします。おやつは製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、重要以上にたんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)を摂取してしまいます。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)がふくまれます。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)の場合分離されれば7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に少なからず腎臓に負担が出ます。そのため、たんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)の病理制限が重要となります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で言えば30~40gに相当します。慢性腎臓病では 糸球体がおかされるために血流が悪くなり、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内で増加し始めます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の原因となったり、ナトリウムの増加で高血圧を併発する可能性が上がります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を維持することが重要となります。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を含んだ食事を造る場合、細かく切り分けて茹でこぼすか水にさらしてから調理して下さい。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食品の分類や調理を実行する際の形状・水量・所要時間により相違します。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。慢性腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が排出される事で尿毒症にならず、慢性腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。優れた効き目が出た際には、慢性腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられるようになります。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。食事療法は、患者が自ら意欲的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。腎臓病と格闘する方に有用な、低たんぱくの特殊食品があるのです。こうした製品をうまく活用する事で徹底した食事管理を行なえます。腎臓の機能が落ちていく程、今以上に考えて食事を管理しないとならない状況に陥ります。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー病理制限が加わります。自分で勝手に食事内容を決めずに、医師や管理栄養士の力を借りて決定するようにして下さい。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分だけでなく水分の病理制限も重要となります。病理制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品中にふくまれるすべての水分が該当します。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合病理制限が重要になるのは塩分のみです。水分量の病理制限については病状や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので独断で病理制限をおこなう事は危険です。
あわせて読むとおすすめ⇒腎臓病食 宅配 口コミ